恩納村博物館当館のご案内

シマに生きる、うんなの心

自然豊かな「山原(ヤンバル)」の入口に位置し、穏やかな海岸線をもつ恩納村。
人々は自然の恵みに感謝し、ともに生きてきました。
また、いにしえより、交通の要衝として様々な文物がもたらされ、交流の舞台となりました。
当館ではこうした恩納村の歴史や文化、自然などの情報を常設展示や企画展をとおして発信しています。

展示ホール

- 2 階 -

美しい恩納村の海が目の前に広がる展示ホールでは、 うんな工芸展や写真展、パネル展のほか、サンセットコンサートなどを随時行っています。 イス、テーブルも設置されているので、休憩にもご利用ください。

常設展示室

- 2 階 -

「恩納のくらし」(民俗ゾーン)と「恩納のみち」(歴史・考古ゾーン)の2つのゾーンで、 自然の恵みに感謝し、自然とともに生きてきた恩納の人々の暮らしぶりや 歴史を紹介する常設展示室です。

企画展示室

- 2 階 -

企画展示室では、テーマや期間を設定した企画展などを開催しています。
毎回様々なテーマで開催し、恩納村の新たな情報や魅力を展示資料から発信しています。
企画展開催中にぜひ、ご来場下さい。

恩納村の文化財

護佐丸縁の山田城跡をはじめ国頭方西海道、仲泊遺跡や名勝 万座毛など
地域の歴史と文化を知る貴重な文化財が恩納村には数多く所在しています。
私たちの祖先が営み育んできた知恵と技術を継承する教材としてご紹介いたします。

フロアマップ・ご利用案内

フロアマップ・ご利用案内

ご利用案内

料金
入館料無料
駐車場
7台(無料)

開館日の案内

開館時間
午前9時~午後5時(最終入館は午後4時30分)
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は開館)
祝日の翌日
6月24日(慰霊の日の翌日)
年末年始(12月28日~翌1月3日まで)